通常のAGA治療で治りにくい症状には植毛を

男性型脱毛症による抜け毛、薄毛にはフィナステリド成分が入った薬を服用すると効果的ですが、体質によっては効きにくいことがあります。


それでけでなく症状がかなり進行してしまっている場合、具体的には額のM字ハゲがさらに後退し頭頂部まで進んでいる状態になっているものを薬で元に戻すことは難しく、それでもかつての状態を取り戻すために植毛という治療法を選択する方が増えています。



植毛方法には大きく分けてFUT法とFUE法の2つがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。


FUT法とはメスを用いて後頭部の頭皮を切り取り、顕微鏡で毛髪を毛包単位ごとに分けて移植先に植え込んでいく方法です。

毛根切断率が低いので移植先に定着しやすい質の高いグラフトをたくさん採取でき、広範囲にわたる植毛に適しています。


ただし術後には傷痕が残りますし、頭皮がかたい方はあまり広い面積を施術することはできません。



FUE法は電動パンチで毛根ごと皮膚をくり抜いて採取する方法で、髪を伸ばせば傷痕はほとんど目立たなくなり、頭皮がかたい方でも大丈夫です。

しかし採取時に毛根を切断しやすく、広い範囲の施術をするためには一度坊主頭にする必要があります。



そしてパンチで穴を空けた部位からは生涯毛が生えることはありませんし、施術にかかる費用はFUT法よりも高額になります。
医院によってはこの2つの方法を組み合わせたり改良させた新方法もあるので、植毛する際には医師による診断と話し合いを重ね、自身の症状に一番効果的な方法を選ぶことになります。